モリンダ、同志社大学と共同研究 サンシュユ果実、ノニ葉がLDL(悪玉)コレステロールの糖化抑制に有意に関与

モリンダ、同志社大学と共同研究 サンシュユ果実、ノニ葉がLDL(悪玉)コレステロールの糖化抑制に有意に関与
モリンダ ワールドワイド インク(以下、モリンダ)【本社:米国ユタ州アメリカンフォーク、社長:ケアリー・エイシー】は、同志社大学 生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一 教授、八木雅之 教授との共同研究により、老化の原因物質であるAGE(終末糖化産物/Advanced Glycation End products)とコレステロールの関与について、11月17日に開催された第14回 糖化ストレス研究会の講演会において発表しました。<br />

Source: プレスリリース新着