PRとは

PR(=Public Relations)の本来の意味は、企業、行政、学校、NPOなどの組織が、ステークホルダー(組織となんらかの利害関係がある人々)との間に“相互に利益をもたらす関係と信頼を築き、さらにそれらが保たれるようにマネジメントする”こと。
企業は自社のブランドや製品、サービスを世の中の人に知ってもらうために、さまざまな活動を行っています。PRもその活動の中のひとつ。認知を高めるだけでなく、消費者とよい関係を保つために、社会の動きを常に観察し、消費者の声に耳を傾け、さまざまなPR戦略を練っています。


広告とPRの違い

認知を高め、信頼関係を築くための活動となると、気になるのは広告との違いです。PRは一見、広告と同じような活動に見えますね。でも決定的な違いがあるんです。それはメディア(媒体)にお金を払うかどうか。広告の場合、情報を発信する際には、メディア(新聞、テレビ、雑誌、Webなどの媒体)のスペースを購入する必要があります。購入したそのスペースの中で広告を展開するのです。

一方PRは、企業の新しい情報をメディア側が積極的に見つけます。そしてメディア自身がその情報を掲載するか否か、判断するのです。つまり、情報に話題性があれば、メディアが勝手に拡散してくれるので、情報発信側の企業はメディアを購入する必要がありません。

広告出稿において、媒体費はコストの中でもとても大きな割合を占めるもの。だったらPRの方が断然お得に思えますよね。でもそう甘くもないんです。PRの場合、情報掲載の有無を決定するのはあくまでメディア側。つまり、メディアが「これは話題になりそうだ」と判断しない限り、掲載してもらえません。

費用を払えば情報をベストなタイミングで確実に発信できる広告に対し、PRは掲載してもらえる保証がありません。さらには、掲載してもらえたとしても、いつ、どんな形で掲載されるかわからないことも。そのかわり、メディアの目にさえ留まれば、媒体費をかけることなく大規模なプロモーションを行うことも可能です。広告かPRかの選択は、時と場合によって適切に使い分けた方がよさそうですね。

PR会社の仕事

企業は製品やサービスの情報を世の中に発信したいと思っていても、リリース配信を増やすだけのマンパワーが足りない、PRのテクニックや知識がない、方法がわからないなど、PR活動がなかなかうまくいかないことがあります。そこで頼りになるのがPR会社。商品やサービスに取材の依頼が来るようにさまざまなメディアに向けて働きかけたり、メディアが飛びつく印象的なキーワードや面白い切り口をつくったりと、企業のPR活動を支えています。

①現状の把握

まずは、製品やサービスをしっかりと把握し、課題・機会を分析、市場の調査を行います。ここで、「誰に向けてのPRなのか(ターゲット)」そして、「なんのためにPRを行うのか(PRの目的)」を明確にします。

②PR戦略と戦術の立案

商品やサービスのことをしっかり理解したら、戦略を立てます。最適な表現やツールの開発、メディアへの提案など、メディアが動いたその先にある消費者の行動も見越した戦略を立て、細かい戦術まで綿密に練って実践します。メディアとの深い関係性や人脈を駆使した戦略的アドバイス、Webの利用など、PR会社によっても手法や強みはさまざま。時にはクライアント企業のマンパワー補強や社内の広報体制構築まで行うこともあります。

③効果検証

PR活動を行ったものの、そのまま放置していては、それ以上前には進めません。PDCA(Plan/Do/Check/Act)をコンスタントに何度も回し、その都度改善していく必要があります。クライアントのニーズに合った、よりよい結果へと導くために。効果検証もまた、PR活動の中でとても大切なフローのひとつです。