PR会社の役割

PR会社の違い

PR会社の分け方として、総合PR代理店、専門PR代理店の2つに分けることができます。広告代理店にどんな業種でも支援する総合広告代理店と業界に特化した広告支援をする専門広告代理店があるのと似ています。

幅広い業種の広報PR支援をする総合PR会社(代理店)

総合という名前がつくと大きいベクトルや電通PRなどの大手のPR会社を想像しますが、規模の大小のことではありません。

多種多様な業種に総合的なPR支援(代理)を行うのが「総合PR会社」です。業種で言うと大手のPR会社では、BtoBの工業機械やITからBtoCの食品やメーカー、自治体まで幅広くPR支援を行っています。また、総合PR会社が提供するサービスは幅広く、メディア露出を狙うためのパブリシティ活動からブランディング、イベントプロモーション、キャスティング、危機管理まで行っているところが多いです。

総合PR代理店を使うメリットは、クライアントの多種多様性とメディアのアプローチ先の幅広さです。総合PR会社はテレビから業界の専門紙まで幅広くアプローチできます。また、競合に当たらない似て非なるクライアントを持っているため複数のクライアントを抱き合わせにした特集の提案ができます。

業界特化型の専門PR会社(代理店)

ファッション、化粧品、食品、金融、IT、医療などクライアントの業界に特化したPR会社もあります。比較的小さな会社が多いです。

専門PR会社の特徴としては、業界に対する深い知識と業界メディアとの深いリレーション(繋がり)です。総合PR会社が広く浅くメディアにアプローチにしているのに対して、専門PR会社は個々のメディアに対して深いリレーションを持っています。例えば、ファッション業界の専門PR会社であれば、ファッション誌、一般新聞のアパレル担当記者、アパレルの業界誌とファッション業界に接するメディアのキーマン(編集長や副編集長)と深く繋がっているため総合PR会社では獲得しにくい深い記事(パブリシティ)が獲得できます。また、業界に特化していることで業界に対する深い知識があり、メディアに対してしっかりとメッセージ発信ができるのも特徴です。

医療やファッション、化粧品など特定の業界でのPRをする場合には業界特化型の専門PR会社が適しています。

サービス特化型の専門PR会社(代理店)

一方でサービス内容に特化した専門PR会社もあります。

テレビのパブリシティ獲得を専門とするPR会社があります。マテリアルやウィスコムなどの中堅PR会社が有名です。テレビPRは、パブリシティ活動の中で最も難しいものです。忙しいテレビマンにアポを取って打ち合わせをするメディアリレーションもなかなか難しいです。また、新聞や雑誌に比べ多くの情報を求められるテレビではその情報収集能力も重要となります。

サービス特化型の専門PR会社には他にも@PressやPRTIMESなどのプレスリリース配信専門や危機管理広報専門、IR専門などのPR会社があります。

PR会社にありがちな、3つの問題点

PR会社を利用した、クライアント様がよく挙げられる問題点が3点あります。
1.伝えたい情報を分析し質の高いPRをしてくれない、PR企画を提案してくれない。
2.頻繁に担当者変えがある上に、若く経験・知識の無い担当が多い。
3.PR戦略が無く、ただ情報をメディアに提供しているだけの、代行業が多い。

この3点に該当せず、独自の強みを持ったPR会社を選ぶ事がとても重要です。

▼ 評価されているPR会社が行っているPR方法

 クライアント様の広報をただ代行するだけではPR会社の存在理由は全くありません。 クライアント様が伝えたい事を、いかに価値ある情報としてメディアに取り上げてもらえるのか、 またメディア側がクライアント様のターゲットとする顧客へ効率よく情報伝達できるのか?

PR(パブリック・リレーションズ)が成すべきこと

① メディア・リレーションズ  ⇒ パブリシティ(メディアでの報道)
② パブリック・リレーションズ ⇒ 社会との関係構築(ブランド化)
③ PRコンサルティング    ⇒ 経営課題の解決

PR会社の主軸はメディア・リレーションズですが、これだけでは企業成長をさせる事が難しく、
ステークホルダー(理外関係)も対象にしたPRという発想が重要視されます。