日本のフェアプレー精神を世界へ ドーピング防止ゲームをインドネシア小学校で実証実験

日本のフェアプレー精神を世界へ ドーピング防止ゲームをインドネシア小学校で実証実験
アンチ・ドーピング事業を行う合同会社みどりや薬局(所在地:静岡県島田市中溝、代表社員:清水 雅之)とMCSS:Make the Children Smile through Sports(所在地:大阪府大東市中垣内、代表:谷本 英彰)は共同でドーピング防止カードゲーム「ドーピングガーディアン」を用いた海外におけるドーピング及び医薬品サプリメント適正使用のための教育に関する実証実験をインドネシアにて実施いたします。<br />
<br />
画像1: https://www.atpress….
Source: プレスリリース新着