~低炭素社会実現の“カギ”はラン藻に~明治大学農学部環境バイオテクノロジー研究室がモデルラン藻が持つ酸素呼吸の鍵酵素が型破りな活性調節を受けることを明らかにしました

~低炭素社会実現の“カギ”はラン藻に~明治大学農学部環境バイオテクノロジー研究室がモデルラン藻が持つ酸素呼吸の鍵酵素が型破りな活性調節を受けることを明らかにしました
低炭素社会実現に向け、カーボンフリーなバイオプラスチックやバイオ燃料が注目を集めている中、明治大学大学院農学研究科環境バイオテクノロジー研究室の小山内崇(准教授)、伊東昇紀(博士前期課程2年)らの研究グループは、モデルラン藻として世界中で広く研究されているのが、シネコシスティス(Synechocystis sp. PCC 6803)に着目し、以下の性質があることを明らかにしました。<br />
<br />
○世界中で広く研究されているラン藻であ…
Source: プレスリリース新着