山口県美祢市の秋吉台北部「景清穴」で新種のジムカデを発見・命名 法政大学 島野 智之教授(国際文化学部/自然科学センター)、首都大学東京、地元研究グループによる研究成果

山口県美祢市の秋吉台北部「景清穴」で新種のジムカデを発見・命名 法政大学 島野 智之教授(国際文化学部/自然科学センター)、首都大学東京、地元研究グループによる研究成果
法政大学自然科学センター/国際文化学部の島野 智之教授らの研究グループは、2018年2月に秋吉台(山口県美祢市)北部の鍾乳洞「景清穴」で新種のジムカデを発見、2019年3月に国際学術雑誌の『ズーキーズ』誌上で和名「カゲキヨツメジムカデ(学名:Arrup akiyoshiensis Tsukamoto & Shimano,2019)」と命名する論文(※)を発表しました。<br />
<br />
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182069/LL_img_182069_1.jpg<br />
発見された新種「カ…
Source: プレスリリース新着