シノプシスEV6x対応OpenVX用Tracealyzerの販売開始

シノプシスEV6x対応OpenVX用Tracealyzerの販売開始
ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、シノプシスEV6x対応OpenVX用Tracealyzerの販売開始いたします。

強力なビジョンプロセッサとGPUは優れた性能を可能にしますが、本当にハードウェアを効率的に利用することをどのように保証するかという課題があります。例えば、コアがほとんどアイドル状態にある間、おそらくあるノードは予想よりもはるかに長い処理時間を必要とし、コアを過負荷する可能性を秘めています。また、アプリケーションはDMA転送が完了するのを待つのに時間がかかる可能性があります。コンピューティングリソースの ボトルネックを修正するとか、パフォーマンスが大幅に向上する可能性があります。多くの場合、わずかな変更が加えられます。 これにはランタイムシステムへの十分な洞察が必要です。

エンベデッドビジョンアプリケーションを開発する場合、結果として得られるデータは重要なシステム機能によって必要とされるため、パフォーマンスは非常に重要です。 たとえば、自動運転車の場合、これは生と死の違いを意味します。 さらに、あなたの視覚処理の性能は、例えばロボット工学において、制御システムの性能に大きな影響を及ぼす可能性があります。 より少ない待ち時間でより頻繁な入力はより良い制御と短縮されたサイクルタイムを意味します。

OpenVX用Percepio Tracealyzerを使用すると、OpenVXアプリケーションの実行を視覚化し、最適化によって大きな違いが生じる可能性があるボトルネックを特定できます。 OpenVX用のTracealyzerは、SynopsysARC MetaWare EV Development Toolkitに組み込まれているトレースサポートを利用して、 Synopsys EV6x組み込みビジョンプロセッサで最初に利用可能になりました 。

Tracealyzer for OpenVXは、詳細なトレースビューから高レベルの概要および統計まで、記録された動作のさまざまな観点を示すさまざまなグラフィカルビューを提供します。 上のスクリーンショットの左側に表示されているトレースビューは、利用可能なコアおよびアクセラレータ上でのOpenVXグラフ実行のタイムラインを表示するので、スケジューリング、パイプライン化、およびタイミングを非常に詳細に調べることができます。 トレースビューはさまざまな方法で調整でき、水平表示と垂直表示の両方をサポートします。

スクリーンショットの中央部分には、TracealyzerのCPU負荷グラフと2つのインスタンスがあり、プロセッサコアがアプリケーションによってどのように利用されているかを示しています。 このようにして、全体的な負荷だけでなく、負荷が時間の経過とともにどのように変化するのか、および各グラフノードによって使用される処理時間の量も確認できます。 また、異常を見つけることができるトレースの概要も示します。 たとえば、 “sobel3x3″ノードに2つの大きなスパイクがあることがわかります(赤で表示)。 その原因を確認するには、CPU負荷グラフをダブルクリックするだけで、対応するセクションをトレースビューに表示できます。 Tracealyzerのすべてのビューは同様の方法で相互接続されているため、高レベルの概要から詳細なトレースに簡単にドリルダウンできます。 色はOpenVXグラフノードを識別しやすくするために使用されます。 すべてのTracealyzerビューで同じ色分けが使用されています。

上のスクリーンショットでは、トレースビューを水平モードに変更し、その下にActor Instance Graphの2つのインスタンスを追加しました。ここで、Y軸はグラフノードの実行時間を示しています。 このようにして、ノードが通常より長く実行されている場所を確認し、詳細を確認するためにトレースビューを調べることができます。 単純な「クリックアンドドラッグ」で行われた青い選択に注目してください。 選択はすべてのビューに表示され、当然それらすべてに同じ時間枠が表示されます。 ご覧のとおり、上部のトレースビューは短い時間間隔でズームインされ、下部のグラフはズームアウトされます。

Actor Statistics Report機能は、各グラフノードの実行時間を含むいくつかのタイミングプロパティの最高値、最低値、および平均値を示しています。 このレポートのすべての極端な値(最高/最低)は、実際にはトレースへのリンクなので、値をクリックすると、トレースビュー内の対応する場所がわかります。

トレースビューには、 ユーザーイベント 、つまりアプリケーション開発者が記録したカスタムイベントも表示できます 。 ユーザーイベントを使用すると、診断メッセージ、変数値、状態など、アプリケーション内のほぼすべてのものを視覚化できます。 上のスクリーンショットでは、整数変数の値を示す「MyVariable」と状態名を示す「MyState」という2つのユーザーイベントチャネルにユーザーイベントが記録されている例を示しています。 Tracealyzerは、このようなユーザーイベントをいくつかの方法で表示できます。たとえば、トレースビューのイベントラベルやイベントログのエントリなどです。 ユーザイベント信号プロットは、ユーザイベントからの数値データをプロットすることを可能にします。

さらに、システムに重要な状態変数がある場合は、状態変化をユーザーイベントとしてログに記録し、TracealyzerでState Machineを定義して、トレースビューのタイムラインで状態を確認できます。 状態変化の要約を状態機械グラフとして見ることもできます。 カスタム間隔を定義することで、各状態で費やされた時間、または任意の2つイベント間の時間に関する統計を取得することもできます 。

Tracealyzerは、トレースの視覚化と分析のための強力で統合されたツールボックスです。ここに記載されているよりも多くの機能とオプションがあります。 OpenVXやビジョン処理だけでなく、一般的なRTOSやLinuxベースのシステムもサポートしています。

【Percepio AB(パーセピオ)社】
Percepio社は、2009年に設立され、スウェーデン・ベステルオースに拠点を置き、組み込み型ソフトウェア用の高度な視覚的ランタイム診断ツールを開発しました。製品であるTracealyzerが、直観的な視覚化により、エンジニアはソフトウェアの理解、トラブルシューティング、最適化を容易に行うことができます。ポジティブワン株式会社は、多くのベンダーの組み込み向けのインサーキットエミュレータ、トレース機能を含む組み込み向け開発ツール販売をしており、多くのソフトウエア開発から検証で求められる最高のソリューションの販売権を得ました。Percepio社の日本総代理店として販売およびサポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com/

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301
Source: プレスリリース新着