国際的に活躍する三東瑠璃率いるCo. Ruri Mitoがこの夏、東北ツアーを開催 森山未來よりコメント

国際的に活躍する三東瑠璃率いるCo. Ruri Mitoがこの夏、東北ツアーを開催 森山未來よりコメント
Co. Ruri Mitoが夏の東北を巡る「Co. Ruri Mito 東北ツアー」を開催します。8月16日に青森県の八戸ポータルミュージアムはっちでの公演を皮切りに十和田、弘前、仙台、盛岡、秋田の4県6都市を回ります。各地で2018年初演のレパートリー「住処」を上演。また八戸、盛岡、仙台では国内外のコンペやフェスティバルで数々の賞を受賞し、招聘されているソロ作品「Matou」と2本立てを予定。「住処」の音楽は今年Fujirockにも出演が決定した注目のアーティスト角銅真実が担当している。
カンパニーとしては初となるツアーおよび地方公演。今回の会場は身体の変化や動きの質をより近く感じ、作品の世界に入り込んでもらうため、主に美術館やギャラリーといった劇場以外をセレクト。身体の繊細さや動きの緻密さ、呼吸や皮膚の感覚を大事に、振付家の三東が強いこだわりを持って作り出した作品の中でダンサー達の身体は絡まり、解れ、様々に形を変えていきます。
三東と共演経験があり、親交が深い森山未來さんより初演時に鑑賞した印象を交え、今回のツアーへのコメントが届きました。
=============================
あまりにもストイックな旅路。
次の一歩が定まらなければ、鰐の群がる崖の下へ真っ逆さま。
後ろへ戻ろうと振り返ると、悪の神官があなたの心臓をむしりとるのを今か今かと待っている。
あなたを支える誰かの手によって作られた吊り橋に身を委ねるしかないのだけれど、それを信じることの恐ろしさと愛おしさ。
お宝(住処)を手に入れるということはこんなにも過酷なことなのか。
インディアナ・ジョーンズ(三東瑠璃)の背筋も凍るスペクタクルをどうぞご期待あれ。
<森山未來>
=============================
ツアー日程
八戸公演 2019年8月16日(金)、17日(土) 八戸ポータルミュージアム はっち シアター2
十和田公演 2019年8月20日(火) 十和田市現代美術館休憩スペース(カフェ)
弘前公演 2019年8月21日(水)、22日(木) GALLERY DENEGA
仙台公演 2019年8月24日(土)、25日(日) ギャラリー ターンアラウンド、他
盛岡公演 2019年8月28日(水)、29日(木) 岩手銀行赤レンガ館多目的ホール大
秋田公演 2019年8月30日(金)、31日(土) ココラボラトリー
6月23日よりチケット販売開始予定
三東瑠璃
1982年東京生まれ。5歳からモダンダンスを始める。2004年日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。2004年- 2010年ダンスカンパニー「Leni-Basso」所属、その後フリーランスに転向。スウェーデン王立バレエ団にてゲストダンサーとしてWim Vandekeybus、 Sasha Waltzの作品に出演。またDamien Jaletと名和晃平による”VESSEL”に出演等国内外でダンサーとして活躍。自身のソロ作品は国内外で多数の賞を受け、ヨーロッパやアジアで開催されるフェスティバルに招かれている。2017年に「踊る。秋田」にて土方巽記念賞を受賞。2017年Co.Ruri Mitoとしてグループ活動を開始。2018年より公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。http://rurimito.com
Co. Ruri Mito
2017年設立の三東瑠璃主宰のダンスカンパニー。個々の身体の特徴を深く探求しながら時間をかけて質の高い作品の創作を目指している。これまでに「みづうみ」(2017年)、「住処」(2018年)、後藤正文 (ASIAN KUN-FU GENERATION)とのコラボレーション作品「MeMe」(2019年)を発表している。 2019年5月にSICF20にて特別賞受賞。
Source: プレスリリース新着