パリ人肉事件 佐川一政の実弟、佐川純が衝撃的な手記を刊行!!

パリ人肉事件 佐川一政の実弟、佐川純が衝撃的な手記を刊行!!
有限会社東京キララ社 (本社 : 東京都千代田区、代表・中村保夫)は、パリ人肉事件 佐川一政の実弟、佐川純が語る兄・一政との絆、事件後に一変した家族の生活、映画『カニバ』で告白した衝撃的な性癖などを赤裸々にした手記を発刊いたします。
書誌情報
書  名 :カニバの弟
著  者 :佐川 純
発行年月 :2019年7月20日予定
体  裁 :四六版 並製
予定価格 :本体1,500円(税別)
ISBN   :978-4-903883-45-8 C0036
発売・発行 :東京キララ社
【目次】
佐川家の肖像
まえがき
第一章 一政と純
佐川家の人々/同級生兄弟/兄との関係
第二章 目覚め
一本の輪ゴム/寒冷フェチ/初恋/高校受験と寮生活/エスカレートするプレイ/女子を求めて慶應大学文学部へ/東京デザイナー学院
第三章 社会人時代
古本屋はSMの宝庫/ヌード撮影会/SMクラブとの出会い/SMクラブでの出会い/地獄の研修/オーケストラ三昧/初めての緊縛写真撮影/そして有刺鉄線/高尾山での野外撮影
第四章 捨てきれぬ夢
画伯への道/一輪の花/ラベンダー色のキャンバス/痛快マンとダヴィンチ/ダイヤルQ2
第五章 兄弟の絆
パリ人肉事件/破談/両親の死/兄の介護/映画『カニバ』/嗜虐の高みへ
あとがき 根本敬
著者略歴〉
佐川純(さがわじゅん)
佐川一政の実弟。1950年生まれ。慶應義塾大学卒業後、画家を目指し東京デザイナー学院に入学。同校卒業後、大手広告代理店勤務。2000年、50歳のときに退職。その後油彩画家として活動を始める。趣味はオーケストラでチェロを弾くこと。
【関連映画】
『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』
2019年7月12日ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにてロードショー
http://caniba-movie.com
『カニバの弟』書誌情報サイトQRコード(随時更新)
http://tokyokirara.com/information/2100/
会社概要
社名:有限会社東京キララ社
本社所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20 暁ビル2F 8号
代表:中村保夫
設立:2001年12月19日
ホームページ:http://tokyokirara.com
〈本件に関するお問い合わせ〉
取材・献本等のご希望は下記の担当までお知らせください。
有限会社東京キララ社 特殊企画/営業 小林重文 
電話&FAX 03-3233-2228
メールアドレス five@tokyokirara.com
Source: プレスリリース新着