低分子化フコイダンによる “がん治療”の最前線や症例を発表 国立がん研究センターにて、9月8日(日) LMF研究会を開催

低分子化フコイダンによる “がん治療”の最前線や症例を発表 国立がん研究センターにて、9月8日(日) LMF研究会を開催
酵素消化低分子化フコイダン(以下:LMF)のがん治療への臨床応用、統合医療を実践するLMF研究会(事務局所在地:東京都新宿区、代表世話人:医学博士 川口 光彦)は、第13回LMF研究会を国立がん研究センターにて2019年9月8日(日)に開催します。<br />
当日は、分子細胞治療研究部門の第一人者である、東京医科大学の落谷 孝広先生をお招きし、「未病社会の実現に挑む がん早期発見から新規治療開発の最前線」をお話しいただくとともに、真…
Source: プレスリリース新着