レジで小銭の計算に焦るおじいさんを助けた店員に称賛の声

レジで小銭の計算に焦るおじいさんを助けた店員に称賛の声
米ミシシッピー州在住のスプリング・ハービソン・ボウリンさんが、「すっかり心が温められた」という書き出しで紹介したエピソードが、Facebook上で10万件以上のリアクションを集めている。
小銭で支払いをしようとした男性
お昼休みに大手スーパーマーケットのウォルマートに買い物に行ったボウリンさん。彼女の前に並んでいた男性は、支払いの際に申し訳なさそうに後ろの客に目を向けたそうだ。
男性客がポケットから取り出したのは、小銭の山。手の平の上で金額を数えては、間違えてまた数え直す作業を繰り返していたそうだ。
何度も「ごめんなさい」と謝り続け、その声も手も震えていた。
店員さんがしたある行動
そんな男性の手を取ったのが、レジを担当していた店員さんだ。
彼女は手の平の小銭をレジの上に出させると、「心配しなくていいのよ、ハニー。一緒に数えましょう」と声をかけた。

店員の手を借りて無事に会計を終えた男性は、足を引きずりながら帰っていった。
その行動に感心したボウリンさんは、自分の順番が来ると「辛抱強く彼に対応してくれてありがとう」と伝えたそうだ。
すると店員さんは首を振り、こう答えた。
お礼なんて必要ないのよ、ベイビー。世の中のおかしいところは、お互いに愛し合うことを忘れていることだと思うの。
10万人がリアクション
答えを聞いて「もっと彼女が好きになった」とコメントしたボウリンさん。この出来事を11月10日にFacebook上に投稿すると、1週間ほどで10万人がリアクションし、5万5000回を超えるシェアを受けた。
コメント欄には「もっと彼女のような人物が必要だ」「美しい話をありがとう」「忙しい毎日の中で、時には足を止めることも必要だ」など、このエピソードに心動かされた人々の声も多く寄せられている。
Source: プレスリリース新着
11 9 - レジで小銭の計算に焦るおじいさんを助けた店員に称賛の声