企業に聞く「働き方改革法案」実態調査5割の企業が「経営に支障が出る」と回答。企業が懸念する法案トップ3は、 「時間外労働の上限規制」「年次有給取得の義務化」「同一労働同一賃金の義務化」。

企業に聞く「働き方改革法案」実態調査5割の企業が「経営に支障が出る」と回答。企業が懸念する法案トップ3は、 「時間外労働の上限規制」「年次有給取得の義務化」「同一労働同一賃金の義務化」。
人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け総合情報サイト『人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com )上でサイトを利用している企業の経営者・人事担当者を対象に「働き方改革法案」についてアンケート調査を行ない、648名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。<br />
<br />
調査結果 概要<br />
★ ”働き方改革法案”の認知度は95%。<br />
★ 5割の…
Source: プレスリリース新着