『防災リテラシー教育セミナー講座(別名、協働型災害訓練作戦会議)』を開催します

『防災リテラシー教育セミナー講座(別名、協働型災害訓練作戦会議)』を開催します
2018年10月24日(水)
報道関係各位
一般社団法人協働型災害訓練
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『防災リテラシー教育セミナー講座(別名、協働型災害訓練作戦会議)』を開催します
-これまで活躍してきた防災関係者、これから活躍したい防災関係者へ-
http://www.icsjapan.org/dles
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年、日本列島は立て続けに災害に見舞われるようになっており、災害が起きないと言われていた地域でもその刃をむき出しにして多くの被害を生み出してきました。もはや災害は「特別なこと」ではなく、「当たり前のこと」と言っても過言ではないはずです。
今回、一般社団法人協働型災害訓練(所在地:埼玉県さいたま市北区、代表理事:豊島亮介))は、2月に開催する「協働型災害訓練(※1)」へのステップワークとして、『防災リテラシー教育セミナー講座(別名、協働型災害訓練作戦会議)』を、10.11.12月の3回連続講座で開催します。なお、本講座は防災情報サービスチャレンジ・アーバンデータチャレンジイベント(※2)として実施します。

【イベントの内容】
災害支援の立場から実際に現場とやり取りを行い、研究者・実践者の立場として俯瞰した視点で捉えた「災害の現在(10/30)・過去(11/22)・未来(12/25)」について、防災界の最先端で活躍する方々によるテーマスピーク(45min)。物流支援、避難所支援など、参加者の団体、興味ある分野の業務、タイムライン、SOP(標準業務手順書)についてのワークショップ(1h15min)を行います。また、この3回のワークショップを経て2月に行われる「協働型災害訓練」に向けてドキュメント化、アプリ化作業を行います。

【こんな要望・悩みを抱えている方】
1:これまで活躍してきた防災関係者
震災支援の経験や知識をさらに高めたい人や団体
2:これから活躍したい防災関係者
 経験や知識を活かして、またはこれから活動してそれを得たい人や団体

【開催概要】
名称 防災リテラシー教育セミナー(別名:協働型災害訓練作戦会議)
主催 立正大学地球環境科学部、一般社団法人協働型災害訓練
協力 市民キャビネット災害支援部会・スマートICT部会、NPO埼玉ネット、
   すぎとSOHOクラブ、杉戸町・富岡町・川内村地域間共助推進協議会、
   Code for SAITAMA、埼玉県GIS普及推進研究会
時間 18:30から20:30(予定) 受付18:15から
日付 10/30火 テーマ「現在」防災科学技術研究所・清原研究員
   11/22木 テーマ「過去」防衛医科大学校病院・秋富准教授
   12/25火 テーマ「未来」東京大学科学技術研究所・沼田准教授
時間 18:30から20:30(予定)
会場 浦和コミュニティーセンター(コムナーレ10階IT研修室)
費用 無料(防災情報サービスチャレンジ補助事業)
対象 災害支援団体、市民、県職員、自治体職員、他
———————————————————
司会 とよしま亮介(訓練事務局、CDT代表理事)
主宰 後藤真太郎(立正大学地球環境科学部教授、CDT理事)
受付 酒井千富(測設社長、CDT理事)

【参加申し込み】
防災リテラシー教育セミナー(3回講座)参加申込フォーム
>>> http://bit.ly/DLES18
※3回連続の参加でなくても、ご都合に合わせて参加可能です

※1
・防災情報サービスチャレンジ(https://www.bosai-spf-challenge.jp/about/)
主催:国立研究開発法人防災科学技術研究所
・アーバンデータチャレンジ(http://urbandata-challenge.jp/about2018)
 主催:一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会

※2
今年度も協働型災害訓練を開催します!
「世界の女性起業家22名」に選ばれた
防災ガール田中美咲代表理事の登壇が決定!
参加申込はこちらから >>> http://bit.ly/cdtenter

【補足】
またこの度、
一般社団法人協働型災害訓練(CDT)を設立しましたので、
防災リテラシー教育セミナーと協働型災害訓練を受講した方には
災害支援オーガナイザーライセンスが与えられます
———————————————————
【災害支援オーガナイザーライセンス/訓練生】
———————————————————
訓練のみ参加(1日または2日) → 訓練参加証のみ(従来通り)
リテラシー2回以上 訓練1日以上→ 訓練生エントリー
リテラシー全3回、訓練2日間  → 訓練生エキスパート
———————————————————
「訓練生エキスパート」まで取得できた方は、
CDTが認定する『認定DSCプロフェッショナル』ライセンスを取得できる資格を得られます
CDT認定ライセンスについては後日お知らせします

【本件に関するお問い合わせ先】
社名:一般社団法人協働型災害訓練
本社:331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町2丁目544番地1
代表者:代表理事 豊島亮介
Tel:048-729-6151
Fax:048-729-6152
http://www.icsjapan.org/cdt
活動内容:①協働型災害訓練の企画運営、②防災リテラシー向上ためのセミナーやフォーラムの開催、③防災コンテンツの普及促進、④災害オーガナイザーの育成と派遣、など
いずれも担当トヨシマ(080-1243-6737/kunren{@}futureworks.biz)まで

–<予告>——————————————————
今年度も協働型災害訓練を開催します!
「世界の女性起業家22名」に選ばれた
防災ガール田中美咲代表理事の登壇が決定!
——————————————————————
【開催概要】
名称 第6回協働型災害訓練 in 杉戸
   ~つながることは備えること「みんなで繋がろう、レジリエンスの輪」~
開催 平成31年2月1日(金)~2日(土)
時間 金9:00~17:00/土9:00~18:00
場所 彩の国いきいきセンターすぎとピア(埼玉県北葛飾郡杉戸町堤根4742-1)
内容 1日目、福祉避難所運営訓練(防災ガール田中美咲代表理事の登壇が決定!)
   2日目、ICS講座&図上訓練(修了証発行予定)
主催 杉戸町・富岡町・川内村地域間共助推進協議会
   一般社団法人協働型災害訓練(CDT)
共催 立正大学地球環境科学部、市民キャビネット災害支援部会・スマートICT部会
協力 関東ICT推進NPO連絡協議会、総務省関東総合通信局、
   埼玉県危機管理課/共助社会づくり課、東埼玉総合病院、
   全日本救助犬団体協議会、ユニバーサル志縁センター、
   フードバンク埼玉、防災ガール、防災科学技術研究所、
   ソーシャルインパクトワークス、ホワイトボックス、他
対象 首都圏を囲む後方支援自治体の職員や関係者、団体など
   地域防災に関わっているまたは興味のある人や団体など
   防災版ISOであるICSを学び活かしたい人や団体など
定員 300名
費用 未定
——————————————————————
参加申込はこちらから >>> http://bit.ly/cdtenter

–<補足>——————————————————–
またこの度、
一般社団法人協働型災害訓練(CDT)を設立しましたので、
防災リテラシー教育セミナーと協働型災害訓練を受講した方には
災害支援オーガナイザーライセンスが与えられます
——————————————————————
【災害支援オーガナイザーライセンス/訓練生】
訓練のみ参加(1日または2日) → 訓練参加証のみ(従来通り)
リテラシー2回以上 訓練1日以上→ 訓練生エントリー
リテラシー全3回、訓練2日間  → 訓練生エキスパート
「訓練生エキスパート」まで取得できた方は、
CDTが認定する『認定DSCプロフェッショナル』ライセンスを取得できる資格を得られます
CDT認定ライセンスについては後日お知らせします
——————————————————————
最新情報はWEBまたはFacebookで!
★協働型災害訓練in杉戸オフィシャルサイト https://www.icsjapan.org
★オフィシャルサイトフェイスブックページ http://fb.me/saigaikunren
☆事務局豊島が内閣官房国土強靱化サイトに登場! http://bit.ly/kyoujin
Source: プレスリリース新着