ナノバブルオゾンを使用した治癒・改善の研究をスタート

ナノバブルオゾンを使用した治癒・改善の研究をスタート
一般社団法人 日本先進医療臨床研究会(所在地:東京都中央区、代表:小林 英男)は、がん患者に対して、ナノバブルオゾンを高含有した素材(液状サプリメント)を使用し、治療・改善について実際の効果を検証するため、動物実験などで高い効果を得た腺癌(特に肺ガン・大腸ガン・乳ガン・膵臓ガン)に対する治癒・改善の効果を測るため、治療の積み上げによる症例研究(または複数施設による観察研究)を行うことにしました。対象となる…
Source: プレスリリース新着