三井化学が行うCSR活動 世界自然遺産の島 小笠原諸島にて海洋ごみのクリーンアップ活動を実施

三井化学が行うCSR活動 世界自然遺産の島 小笠原諸島にて海洋ごみのクリーンアップ活動を実施
三井化学株式会社(代表取締役社長:淡輪敏)は、2018年12月10日、小笠原村の協力のもと一般社団法人 小笠原ホエールウォッチング協会とともに、小笠原諸島・父島の松山海岸にて、漂着した海洋ごみや投棄されたごみのクリーンアップ活動を実施しました。漁網やブイなどの漁具、国内外から流れ着いたペットボトル、歯ブラシなどの海洋ごみに加え、タイヤや便器などの大型ごみも混じっており、フレキシブルコンテナバッグで6袋分(=…
Source: プレスリリース新着