見上げるたびに、空が楽しくなる。雲研究者・荒木健太郎氏が伝える、雲との上手な付き合い方! 『世界でいちばん素敵な雲の教室』、4月8日(日)発売!

見上げるたびに、空が楽しくなる。雲研究者・荒木健太郎氏が伝える、雲との上手な付き合い方! 『世界でいちばん素敵な雲の教室』、4月8日(日)発売!
株式会社三才ブックス(東京都千代田区神田須田町/社長:塩見正孝)は、4月8日(日)、雲と空に関するさまざまな知識を、美しい写真とともに紹介した『世界でいちばん素敵な雲の教室』を発売します。
雲は空を見上げればほとんど毎日出会える身近な大自然です。
雲がいるから空は彩り、輝き、涙も流してくれます。
雲にはさまざまな種類があり、絶えず姿も変えます。
その出会いは、一期一会なのです。
そこで、みなさんが雲との出会いをもっと楽しみ、
その心を感じられるように、本書を執筆しました。
(「はじめに」より)
[本書の特徴] ★雲のしくみをはじめとする、空に関するさまざまな現象を、美しい写真とともに、シンプルなQ&Aで解説!
★美しい空との出会い方や雲で天気を予想する方法など、雲のいる空をより楽しむためのヒントが満載!
★目次の項目ごとに解説動画を用意し、そのリンクをQRコードで掲載!
[主な内容]
Q 雲ってなに?
Q 雲はどうして白いの?
Q 雲は何種類あるの?
Q もっと細かい雲の分類はあるの?
Q 雲の一部が不思議な形になってる!
Q いつもと違う雲にも出会いたい!
Q UFOみたいな雲がいた!
Q 空はどうして青いの?
Q 朝焼け・夕焼けはどうして赤いの?
Q きれいな色の空が見たい!
Q 「天使のはしご」ってなに? どうしてできるの?
Q 緑色に見える太陽があるって本当?
Q 蜃気楼はどうして起こるの?
Q 虹はどんな空で出会えるの?
Q ダブルレインボーがあるなら、トリプルレインボーもあるの?
Q いろんな虹を見てみたい!
Q 太陽のまわりに虹色が見えた!これも虹?
Q 虹色の雲が見たい!
Q 自分の影から広がる虹色の光はなに?
Q 雨が降ってないのに空に虹が出た!
Q 夜空も楽しみたい!
Q 霧と雲ってなにが違うの?
Q 「ゲリラ豪雨」ってなに?
Q 竜巻ってなに?
Q 雷はどんな雲から落ちてくるの?
Q 雹はどうして夏にも降るの?
Q 日本に台風が多いのはなぜ?
Q 雪はどうして冬に降るの?
Q 雪の結晶って何種類あるの?
Q 雪結晶を撮ってみたい!
Q 地震雲ってあるの?
Q 日中は忙しくてなかなか空を見上げられない…
Q 雲から天気を予想したい!
Q 雲ともっと仲良くなりたい!
[解説動画URL(リンク一覧)]


[著者プロフィール] 荒木健太郎 (あらき けんたろう)
雲研究者。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。1984年生まれ。茨城県出身。慶應義塾大学経済学部を経て、気象庁気象大学校卒業。地方気象台で予報・観測業務に従事し、現職に至る。専門は雲科学・メソ気象学。防災・減災に貢献することを目指して、豪雨・豪雪・竜巻などの 激しい大気現象をもたらす雲の仕組み、雲の物理学の研究に取り組んでいる。著書に『雲を愛する技術』(光文社新書)、『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)などがある。
Twitter:@arakencloud
Facebook:@kentaro.araki.meteor
[基本データ]
タイトル:世界でいちばん素敵な雲の教室
仕様:A5判 並製
ISBN:978-4-86673-033-2
定価(本体1,500円+税)
発売:2018年4月8日(日)
https://bit.ly/2EFibnM
[掲載全般に関する問い合わせ先]
会社名:株式会社三才ブックス
担当:神浦高志
TEL:03-3255-7995
e-mail:info@sansaibooks.co.jp
Source: プレスリリース新着