窓の外からこちらをガン見!部屋を見つめるフクロウの赤ちゃんたちの鋭い眼光に18万件のいいね!

窓の外からこちらをガン見!部屋を見つめるフクロウの赤ちゃんたちの鋭い眼光に18万件のいいね!
会社に新入社員や中途入社の人がやってくると注目の的になるもの。どんな人なのか、どの部署に配属となるのか気になるわけですが、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の教授、Michael Lens(@mc_lens)さんの部屋にはまさかの“同僚”が現れ、Lensさんは驚きを隠せませんでした。

Owls were born on my colleague’s windowsill a few weeks ago and I. Just. Can’t. Even. pic.twitter.com/W6ZjP5TCZ6
— Michael Lens (@mc_lens) 2018年4月11日
数週間前に職場の窓辺で生まれたフクロウ達。これじゃ何もできない。
3羽のフクロウの赤ちゃんたちは、まだ毛がモフモフ。部屋の中が気になるのか、じっと見つめています。生後たったの数週間でこの貫禄と鋭い眼光!確かにこれでは仕事しづらいですね。
ネット上でも3羽のモフモフたちの真剣なまなざしに「笑いが止まらない」と注目が集まりました。
I don’t blame you. Whoo could work under such conditions?!
— Jeremy Hoffman (@jeremyhoffman) 2018年4月11日
私はあなたを責めたりしません。こんな状態で誰が仕事できるというんでしょう。

These owls are silently judging your productivity.
— Marcus Mauney ️ (@mrmauney) 2018年4月12日
フクロウたちは静かにあなたの生産性を判断してるんですね。
Lensさんは地域政策研究が専門なので、UCLAの学生らしき人からもこんな反応が。
I hope they get honorary urban planning degrees. I want some cool fellow alumni who can fly (they should specialize in transportation no less).
— sedela (@sedela) 2018年4月13日

私は彼らが名誉ある地域政策研究の学位を取れたらいいなと思います。空を飛べるすてきな仲間が欲しいです。特に輸送専門の。

You cannot avoid your letter from Hogwarts. The owls will just keep coming. ♥️♥️
— Paula Bruno, Ph.D. (@2HeartsWellness) 2018年4月12日

あなたはホグワーツからの手紙を避けることはできません。フクロウたちは手紙が来るのを待ってる。

授業を受けに来た学生なのか、あるいは先生の仕事を監視するためにやってきたのか……フクロウたちの成長が楽しみですね。
Source: プレスリリース新着
owl eye - 窓の外からこちらをガン見!部屋を見つめるフクロウの赤ちゃんたちの鋭い眼光に18万件のいいね!