タイにおける4マンションプロジェクトへの参画が決定タイでの分譲事業参画戸数が9,000戸を、海外全体では2万6,000戸を突破

タイにおける4マンションプロジェクトへの参画が決定タイでの分譲事業参画戸数が9,000戸を、海外全体では2万6,000戸を突破
●阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:若林常夫、以下「阪急阪神不動産」)は、タイにおけるマンション分譲事業として、『(仮称)Talat Phlu(タラート プルー)プロジェクト』、『(同)Rama 9(ラマ ナイン)プロジェクト』、『(同)Somdet Chaopraya(ソムデット チャオプラヤ)プロジェクト』、『(同)Chaeng Watthana(チェーン ワッタナ)プロジェクト』の4案件に、タイの不動産デベロッパーで…
Source: プレスリリース新着